デビルマン ボーダーk8 カジノ「MONO」「Note7」「総務省」――ドコモ発表会 質疑応答・囲み取材まとめ仮想通貨カジノパチンコアビバ 南足柄 抽選

デビルマン ボーダーk8 カジノ「MONO」「Note7」「総務省」――ドコモ発表会 質疑応答・囲み取材まとめ仮想通貨カジノパチンコアビバ 南足柄 抽選

デビルマン ボーダーk8 カジノ「MONO」「Note7」「総務省」――ドコモ発表会 質疑応答・囲み取材まとめ仮想通貨カジノパチンコアビバ 南足柄 抽選

株 ビット コイン fxk8 カジノ

コイン チェック 仮想 通貨 NTTドコモは10月19日、2016-2017年冬春商戦に向けた新サービス・新製品発表会を開催した。

→新ブランド「MONO」やXperia XZ/X Compactなど計13機種――ドコモの2016-2017年冬春モデル→「dカードプリペイド」登場 iD/MasterCard加盟店で利用可能→ドコモ、LTE契約のケータイ利用者向けプランを拡充→ドコモ、セルラードローンを活用した買い物代行サービスの実証実験を開始

 同社の吉澤和弘社長にとって、今回の発表会は社長就任後初めてとなる「大舞台」。質疑応答や囲み取材ではどのような話が出たのだろうか。

社長として初めての大舞台に立つ吉澤氏社長として初めての大舞台に立つ吉澤氏「dカードプリペイド」を宣伝するポインコ兄弟「dカードプリペイド」を宣伝するポインコ兄弟ドコモのCMに出演する高畑充希さんとのフォトセッションに臨む吉澤氏ドコモのCMに出演する高畑充希さん(右)とのフォトセッションに臨む吉澤氏発表会場のブースを自ら説明する吉澤氏発表会場のブースを自ら説明する吉澤氏

―― セルラードローンについて伺いたい。今回は実験局ということだが、空中での携帯電話の利用と目視外飛行の両方について、法制度の改正のめどが立っているという理解でよいか。

吉澤社長 プレゼンテーションでも紹介したように、(空中での携帯電話の利用については)実用化試験局としての免許を取得して行っている。まだ“実証実験”の段階で、目視外飛行も含めて、(法制度は)これから検討、整備されるものと考えていただきたい。

―― 今回の(新機種の)ラインアップを全体見渡すと「Galaxy Note」シリーズが2年連続で入っていない。今年(2016年)、(Galaxy Note7が)発火などの問題で出せなかったのだと思うが、Galaxy Noteシリーズに対するドコモのスタンス、あるいは発火事件が(ラインアップに)影響したのか教えていただきたい。

吉澤社長 Note7については、今までのGALAXY Noteの後継としてラインアップに入れることを検討していた。ただ、電池あるいは回路の問題なのかハッキリとはしていないが、今回(発火問題の相次ぐ)状況があったので、今回は取り扱わないという判断をした。

 その点ではベンダー(製造元)であるサムスン電子さんからも日本での販売は見送りたいという話もあった。

―― 「MONO」は相当安い値段となっている。昨今、総務省では「端末と料金を別々に」という話がある中で、この値付けは問題ないものなのか教えていただきたい。

吉澤社長 (総務省による)端末販売に関するガイドラインの中で、廉価端末に関する扱いは明記されている。卸値で3万円以下であれば適用外となるので、私どもとしては(MONOは)廉価端末に入り、ガイドラインに抵触しないと考えている。

―― dカードプリペイドについて質問する。御社では「ドコモ口座」でオンライン限定ながらすでにVisaプリペイドカードを発行している。なぜ、それをプラスチックカード化せずに、あえてMasterCardプリペイドにしたのか教えていただきたい。

吉澤社長 詳細な資料を現在持ち合わせていないので、すぐ明確に答えることができない。後ほど担当者から答えさせるようにする。

(筆者注:この質問は筆者が行った。詳細については別記事で取り上げる予定だ)

―― ケータイ向けの新料金プランは1200円、ケータイパックを含めても1800円からと、従来(のケータイ向けプラン)よりも値下げをした狙いや意気込みを改めて聞かせてほしい。従来よりも1000円ほど安価になり、減収リスクも伴うと思うのでその辺の考えも合わせて聞きたい。

吉澤社長 フィーチャーフォンでFOMA(3G)契約をしている人には、いろいろな料金プランがある。(FOMAの)旧料金プランにはこれよりも安くて1000円以上の無料通話分が付いているものもあることを考えると、今までよりも安くなる部分もあれば、若干高くなる部分もある。(ケータイ用カケホーダイライトは)フィーチャーフォンを使っている人が、パケット(定額)を入れても(旧料金プランと)遜色のない、あるいはもっと有利に使ってもらえるところを狙っている。

 収支の観点での質問もあったが、(安くなる面と高くなる面)両方があるので、収支にはそれほど大きな影響がないということで、このような料金設定をさせていただいた。

―― 意気込みについても一言お願いしたい。「たくさん(契約を)取りたい」とか。

吉澤社長 フィーチャーフォンをこよなく愛するお客さまはいらっしゃる。そのような人が、このLTEフィーチャーフォンにシフトして、きれいな音声の「VoLTE」などを使っていただきたいと思っている。

―― dカードプリペイドについて質問する。このカードのターゲット層、「dカード」全体に占める構成比率はどのくらいを目指しているのかという部分と、「Apple Pay」への対応について聞きたい。

吉澤社長 日本では現金決済が多い。非現金決済の中で、我々は今までdカードを提供してきたが、使いすぎないという観点でプリペイドカードに対する要求も当然ある。その要求に応えるために今回プリペイドを追加したが、どのくらいの比率になるかということは戦略的な数値でもあるので、ここでは答えられない。

 ただ、非現金決済全体に占めるクレジットカードとプリペイドカードの比率程度には持っていきたいという気はしている。クレジットカードもプリペイドカードも取扱高が大きくなるようなプロモーションをしていきたいと考えていきたい。

 Apple Payは、dカードで10月末に対応するわけだが、dカードプリペイドも何らかの対応ができるように検討をしていきたいが、まだ具体的に決まっているわけではない。

―― 以前、持株会社(ドコモの親会社であるNTT)の鵜浦(博夫)社長が2016年内の料金見直しを期待したいという旨の発言をしていたかと思う。今回のフィーチャーフォン向けの新プランがそれに相当するという認識で良いのか、それとも2016年内は難しくても2017年春あるいは夏あたりに見直すのか。現状の考えをお聞きしたい。

吉澤社長 料金については、お客さまのいろいろなご要望もあるので、料金はどうあるべきか、あるいはどうすべきかは常に考えている。タスクフォースの中で出てきたライトユーザー向けのプラン、逆にたくさん利用する人の料金プランや、2年更新をするときのいくつかのパターンを作るとかということを今までやってきた。

 (料金の見直しは)年内かどうかということについては申し上げるわけには行かないところもあるが、いずれにしても料金についての検討は今現在でもやっているので、少なくとも何らかのものは発表できるようにしていきたい。

関連キーワードNTTドコモ | Galaxy Note | 発煙・発火 | 料金プラン | 総務省 | Galaxy Note7 | Samsung | Apple Pay | クレジットカード | AQUOS EVER | NTTドコモ 2016-2017冬春モデル | Galaxy S7 edge | タスクフォース囲み取材ではどのような話が?仮想通貨カジノパチンコau pay プリペイド カード セキュリティ コード

デビルマン ボーダーk8 カジノTypeScript 2.0/2.1で追加された新機能あれこれ仮想通貨カジノパチンコworld cup teams 2022

デビルマン ボーダーk8 カジノTypeScript 2.0/2.1で追加された新機能あれこれ仮想通貨カジノパチンコworld cup teams 2022

デビルマン ボーダーk8 カジノTypeScript 2.0/2.1で追加された新機能あれこれ仮想通貨カジノパチンコworld cup teams 2022

東洋 経済 就職k8 カジノ 「特集:TypeScript 2.0概説」のインデックス

パチスロ 推す空手部連載目次

 前回から時間が空いてしまったが、その間にTypeScript 2.1がリリースされ、2.2のリリースも間近に迫ってきた。そこで今回は、「あり得ない」を表現するnever型や読み込み専用プロパティなど、TypeScript 2.0の新機能でまだ紹介できていなかったものを幾つか取り上げていく。また、最後にTypeScript 2.1で改善された型推測機能など、TypeScript 2.1/2.2の新機能を少しだけ取り上げる(詳しくは回をあらためて紹介する予定だ)。

never型

 never型は「それが発生することがない値であること」を示すために使用する。簡単には、「制御を返さずに終了する関数の戻り値型」や、前回に紹介した型ガードの中でたどり着くことがない変数の型などがnever型である。

 TypeScript 2.0のリリースノートによると、never型には次のような特徴がある。

neverはあらゆる型のサブタイプであり、全ての型に代入可能全ての型はneverのサブタイプではなく、neverを除く全ての型はneverに代入できない関数式もしくはアロー関数を利用した関数定義において戻り値型を型注釈で指定していない場合、関数にreturn文がないか関数内の全てのreturn文でnever型の値を返す、かつ、関数末尾が到達不可能であれば(関数末尾に制御が移ることがなければ)、その戻り値型がneverであると推測される関数の戻り値型がneverであると型注釈を行った場合、その関数内の全てのreturn文でnever型の値を返し、かつ、関数末尾が到達不可能でなければならない

 関数末尾が到達不可能かどうかは、制御フローの解析によって判断される。なお、上の特徴の3つ目については注意が必要だ。型注釈がないときに戻り値型がneverであると推測されるのは、関数式かアロー関数を利用して関数を定義した場合となる。「function funcname() { …… }」形式の関数定義では明示的に型注釈を行う必要がある。

 以下に簡単な例を示す。

// 戻り値型がneverになるconst hello = (name) => { console.log('hello ' + name); throw Error('error'); console.log('never executed');}// 戻り値型がvoidになるconst goodbye = (name) => { console.log('goodbye ' + name);}// 戻り値型がvoidになるfunction hello2(name) { console.log('hello ' + name); throw Error('error'); console.log('never executed');}

戻り値型がneverの関数

 アロー関数を用いて定義している関数helloは、2行目で例外を送出しているので、3行目のconsole.logメソッド呼び出しは到達不可能である。また、そこまでにreturn文で制御を呼び出し元に返してもいない。そのため、これは制御を返さずに終了する関数であり、その戻り値型がneverであると推測される。これに対して、関数goodbyeは戻り値を返さないが、制御を呼び出し側に戻すので、その戻り値型はvoidである。関数hello2の定義では関数式/アロー関数を使っておらず、かつ、型注釈を付加していないので、この関数の戻り値型はneverではなく、voidと推測される。以下に例を示す(2つのポップアップが表示している戻り値型の違いに注意)。

型推測の違い型推測の違い

 関数の戻り値型だけがnever型として型注釈を付加する対象ではない。例えば、次のようなコードがあったとする。

const foo = (x: string | number) => { if (typeof x === 'string') { return 'hello ' + x; } else if (typeof x === 'number') { return x * 2; } x;}

共用型のパラメーターを受け取る関数foo

 この関数は制御フロー解析ベースの型解析により、if~else if節が終了した時点で「xの型は共用型のstringでもnumberでもないことを表すnever」となる。これをチェックするためにif~else if節の次に「x;」行を追加してある。Visual Studio Codeで、この行にカーソルを合わせると、次のようになることからxの型が確かにneverとなっていることが分かるはずだ(画像中央のポップアップに注目)。

「ここにくるなんてあり得ない!」ので「xの型はnever」「ここにくるなんてあり得ない!」ので「xの型はnever」

 never型の使い道の1つとしては、共用型(Union Types)の値を処理する際に、それぞれの型に応じた処理の記述漏れをコンパイル時点で(あるいはIDEのレベルで)検出できることが挙げられる。以下に例を示す。

const error = (msg: never) => { throw new Error(`error: not processed ${typeof msg}`); }const foo = (x: string | number) => { if (typeof x === 'string') { return 'hello ' + x; } else if (typeof x === 'number') { return x * 2; } return error(x);}console.log(foo(100));

処理漏れがないコード

 最初に定義している関数errorは、例外を送出し、ある型の処理が行われていないことを示すものだ。例外を発生するので、この関数は制御を返すことがなく、その戻り値型は(アロー関数で定義しているので)neverとなる。また、パラメーターの型もneverになっていることに注意しよう。

 一方、関数fooは、先ほど見た文字列か数値の値をパラメーターに受け取り、その型に応じた処理を行う関数でif~else if節の後に「既に2つの型を処理し終わったので、ここに到達することがないことを意味するerror呼び出し」を追加したものだ。

 ここで、else if節を取り除くとどうなるだろう。つまり、文字列だけを処理し、数値の処理を忘れていたとしたらどうなるだろう。

const foo = (x: string | number) => { if (typeof x === 'string') { return 'hello ' + x; } return error(x);}

数値の処理を忘れたコード

 Visual Studio Codeでは次のようになる。赤線が引かれたエラー部分とその上のポップアップに注目されたい。

処理忘れがあることが事前に分かる処理忘れがあることが事前に分かる

 「number型の値をnever型のパラメーターに代入できない」というエラーメッセージが表示されている。最初に述べたように、never型は全ての型に代入可能だが、never型にはnever型以外の型の値を代入できない。この特性を利用して、処理の記述漏れを(ここでは、あり得ないことを示すnever型の値にnumber型の値を代入しようとしたことで)事前に検出できるようになる。一方、関数fooでは「return error(x)」としているが、関数errorの戻り値型はneverだった。これも前述したように、neverは全ての型のサブタイプで、関数fooの戻り値型である「string | number」に代入可能であるためにエラーとはなっていないということだ。

 ここまで見たように「あり得ない事態をコードとして表現できるようになる」ことと「そのことを利用した処理の記述漏れを検出できる」のがnever型の大きな特徴の1つといえる。

読み込み専用プロパティ仮想通貨カジノパチンコ無料 スマホゲーム

業界連盟:k8 カジノ k8 カジノ カスモ シークレット カジノ k8 カジノ 仮想通貨カジノk8 k8 機種 k8 カジノ | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap